歯を綺麗にしたい人の予防法

自分の食生活を、振り返ってみてください。 毎日コーヒーやワインを飲んでいたり、カレーを食べる機会が多かったりする人は着色汚れがつきやすいので、歯磨きを念入りに行いましょう。 食事の後に歯を磨く習慣で、着色汚れを防げます。 簡単にできる予防なので、実行しましょう。

ホワイトニングの流れ

歯をホワイトニングすることで、沈着した着色汚れも落とせます。 歯医者で行っているので、気軽に依頼してください。 ちなみに歯医者で行うホワイトニングを、オフィスホワイトニングと言います。 逆に自宅で行うホワイトニングを、ホームホワイトニングと呼びます。

クリーニングのメリット

歯医者でできる歯を白くする施術と言えば、ホワイトニングを連想する人が多いです。 しかしクリーニングも、歯を白く綺麗にする効果を持っています。 こちらは歯石や歯垢などの汚れも落とせるので、病気を予防したい人におすすめです。 予約をしてから、歯医者に行きましょう。

着色汚れがつきやすい食べ物がある

まずステインがつく原因ですが、それは食べ物や飲み物に含まれる色素が大きく関わっています。
特に着色汚れがつきやすい食べ物や飲み物があるので、気にしている人は摂取を控えることをおすすめします。
しかし大好きなものだったら、摂取を控えるのは難しいでしょう。
そこで普段から、飲食をした後は歯を磨くことを習慣にしてください。
色素が歯に沈着する前に磨けば、着色汚れがつくことを防げます。

それでも気になってしまったら、歯医者に行って施術を受けましょう。
歯医者にはホワイトニングとクリーニングという方法があり、それらを受けることで専門的な機材や薬剤を使いながら、着色汚れを落としてもらえます。
歯医者で行うオフィスホワイトニングは、すぐに効果を発揮できる部分が人気で、利用する人が増えています。
ホームホワイトニングをしたい人も、最初は歯医者に行き、マウスピースを作成してもらってください。
半年に1回ほどのペースで通うと、歯の綺麗な状態をずっと維持できます。

クリーニングではステインだけでなく歯垢や歯石も除去してもらえるので、虫歯や歯周病の予防に繋がる面がメリットです。
歯医者でクリーニングを受けたい時は、予約をしてから訪れるようにしてください。
予約をしなければ、何時間も待たされる危険性があります。
忙しい人は夜遅くまで経営している歯医者や、休日に診察を受けられる歯医者だと良いですね。
自分の生活スタイルに合わせて、歯医者を選びましょう。