歯を綺麗にしたい人の予防法

気を付けるべき食べ物や飲み物

人間は毎日食べ物や飲み物を摂取して、生きるための栄養を蓄えています。
その時の食べ物や飲み物が原因で色素が歯に沈着し、ステインという着色汚れになると覚えておきましょう。
特にカレーやチョコレートなどの食べ物、お茶やコーヒー、ワインなどの飲み物はステインがつきやすいです。

さらに着色汚れの原因は食べ物や飲み物だけでなく、タバコにもあることを理解しておきましょう。
タバコを頻繁に吸うと、ヤニ汚れが付着してしまいます。
そのまま放置するともっと着色汚れがひどくなりますし、口を開いた時に周囲から見られてしまうかもしれません。
歯の着色汚れが原因で、周囲から距離を置かれる場合があります。
着色汚れがひどくなると困るので、早めに対応しましょう。

食べた後は歯磨きを

色素が沈着する前に綺麗に歯を磨くと、ステインの予防になります。
食事の後は必ず歯を磨くことがポイントです。
この時は、ステインを落とせる成分が含まれる歯磨き粉を使いましょう。
具体的にはポリリン酸ナトリウムや、無水ピロリン酸ナトリウムという成分がおすすめです。
歯磨き粉を購入する前に、どのような成分が含まれているのか、パッケージに書かれている表示をしっかり確認してください。

これらの成分は、歯の表面と着色汚れの隙間に入り込む性質があります。
そしてステインを浮かせて、ブラッシングした時に落とすという仕組みです。
通販でも歯磨き粉を購入できるので、目的の歯磨き粉が近所で売られていなかった時は、ネットを介して入手してください。


この記事をシェアする